社章の制作完全版~WEBサイトをランキング形式で~

HOME > 社章の制作について > 社章を制作する際の注文先とポイント

社章を制作する際の注文先とポイント

国内においては、社章を付ける会社とそうでない会社と分かれています。
ネクタイのように着用が望ましいというわけではありませんが、社章を付けることで連帯・誇りといった意識を高める効果が期待できるでしょう。
また、身分証のように社員の証にもなりますので、付けておくだけでも信頼感を高めるアイテムです。
社章の注文先はバッジ店や記念品の取扱店が挙げられ、いずれのサービスにおいても完全オリジナルデザインの制作が可能です。
自作は困難なジャンルであり質感もポイントですので、専門店への依頼が望ましいでしょう。
近年は少ないロット数で受け付ける傾向が見られ、1個からというケースも珍しくはありません。
バッジタイプのものはスーツに穴が開きますが、針を通さないタイプも登場しています。
デザインは自社で用意するデータもしくは新規も依頼できるため、初めての利用であっても安心です。



社章を制作する際に考えなければいけないこと

企業には社章があることが多いです。
ピンバッジにして常に携帯をしなければいけない、ということもあります。
新しく作ることもあるかもしれません。
企業が合併をすることも多くなっています。
合併をした場合には新しい社章を作ることもあります。
制作をしなければいけない場合、社員からデザインを募集することもあるかもしれません。
そんな時にはデザインソフトを使うことがあるでしょう。
専門業者にイメージを伝えて制作をしてもらうこともできますが、そうなるとコストが高くなってしまいます。
社員から募集をしたほうが会社への愛着も持つことができるかもしれません。
しかしその際にはすでにあるデザインであるトラブルの原因になってしまうので、類似をしたデザインがないことを前提に作らなければいけません。
かなり面倒ではありますが、チェックは怠ってはいけません。



社章を制作することで得られる利点

各企業では、上着に社章を付けてる所も多くなってることから、制作を考える企業も増えてます。
社章をスーツなどに身に付けることで、会社の社員として身分を証明することが出来ます。
多数の社会人の集まりの場所で、他の会社の方と間違えることを防ぐことが出来ます。
さらに、常に身に付けてることで、周囲の方にその会社を宣伝する効果もあるので、経費から制作を考える利点はあります。
また、その会社の人間であると主張することが出来るので、きちんとした態度で行動することが出来ますので、社章を身に付けるのと付けないのとでは、社員自身の仕事に対する姿勢が変わってきます。
全社員に配られるものとなってますので、社員一丸となって会社に貢献していこうと言う責任感を持って、日々与えられた仕事に対してのモチベーションを向上させる効果もあります。

次の記事へ
ページトップへ